読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Programmer's Note

コード読み書きの備忘録。

データ指向 (Data Orientation)

Clojure

Clojureを設計したRich Hickeyさんのプレゼン Clojure Made Simple - YouTube を観た。

特に印象的なのは、Clojureを作るきっかけになった経緯を語ったくだり。 簡単にいえば、20年間Java/C++/C#エンタープライズ系のソフトウェアを組んできたキャリアのあと、 あるとき他の人がLispで面白いシステムをシンプルに実現しているのを見て、自分もやってみたら本当にシンプルにできたと。

かなり衝撃を受けたようで、いままで本当に時間を無駄にした!と落ち込んで(I was unhappy)、 やり方を変えないといけないと思ったと。 ここのくだりは気持ちがこもってるから悔しさが伝わってくるなW。「wasting my time」を連発している。

オブジェクト指向がいかに問題の本質とは関係ないところで、無駄にソフトウェアを複雑さにしているか、 このプレゼンの後半も具体例を使って説明している。 対比させているのは、Clojureの言語の特徴として説明している「データ指向(Data Orientation)」。

データ指向というのは例えばClojureベクターやマップを使って、 問題領域にある処理対象のデータ構造を、ダイレクトに表現して扱っちまうことだ。と理解した。 この背景には、ほとんどのプログラムは本質的にデータ(情報)を処理するもの、という明快な思想がある。

データ構造を中心にプログラムを組むさまは、「Clojure for the Brave and True」の Functional Programming | Clojure for the Brave and True の章のサンプルゲーム開発の流れで要領がつかめる。 この本の著者はRich Hickeyのビデオは全部見ているようで、 The Unofficial Guide to Rich Hickey's Brain というブログ記事を書いている。(この記事のリプライが白熱した議論になっている。まじめに読んでないが・・・)

個人的にClojureを触り始めて、最初にクールに思った一つは ベクターとマップの存在で、これ自体が関数になる!ことだった。 Clojureを設計するにあたって、データ指向が念頭にあったとすると、ベクター/マップ/セットの出現は必然だったということか。 コードをデータとして表現できるLispを、言語のベースとして選択したことも必然だったと考えられる。

いやあでも、個人的にはLispをベースにしているとはいえ、 この人の言語設計のセンス(バランス感覚?)半端ないと思う。天才だと思います。 とちょっと最近はけっこう熱があがっている。 (いやなにせLispLispでもCommon Lispはちょっと無理だな・・・)