読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Programmer's Note

コード読み書きの備忘録。

Clojureメモ: loopとrecur

Clojure

プログラミングClojureに乗っていた例を写経実行したメモ。

関数を使わずに、再帰的にループするやり方。

  (println (loop [result [] x 5]
         (if (zero? x)
           result
           (recur (conj result x) (dec x)))))

実行結果:

[5 4 3 2 1]

ループ分の構造としては

(loop [※A]
   ...
   ...
   (recur ※B))

になっていて、※Aでは関数でいう引数の定義と、加え初期値の代入をしている。 [result [] x 5]の意味は、result = []x = 5

(recur ※B)では、loopの先頭に戻って、※Bで次のresultxを与えている。

これは、イメージ的には無名関数の再帰呼び出しような感じだなあ。と。

関数でrecurを使う場合は以下のようになる。

(defn count-down [result x]
  (if (zero? x)
    result
    (recur (conj result x) (dec x))))

(println (count-down [] 5))

(loop [result [] x 5](defn count-down [result x]に置き換えただけだ。

初期値は呼び出し側が与えるので、関数の場合は引数の初期値ない。

関数のrecurを使う再帰呼び出し、loopのrecurの記述の一貫性はビューティフルだな。