読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Programmer's Note

コード読み書きの備忘録。

Clojureメモ: 無名関数

Clojure

「プログラミングClojure」で出てきたサンプル。

user=> (filter (fn [w] (> (count w) 2)) (str/split "A fine day" #"\W+"))
("fine" "day")

filter関数は、

(filter pred coll)

コレクションcollの各要素に対して、条件をチェックする関数predを適応して、trueが返ってきたものだけを、 戻りのシーケンスに入れて返す。 rubyでいうとArray#selectに相当する。

さて、上記の(fn [w] (> (count w) 2))が無名関数で、リーダマクロ#()を使って、#(> (count %) 2)という形で書ける。

user=> (filter #(> (count %) 2) (str/split "A fine day" #"\W+"))
("fine" "day")

無名関数は任意の変数にバインドできる。 (Clojureのvarは変数とは厳密に違うようだが)

aにバインドして実行してみる。

user=> (def a #(> (count %) 2))
#'user/a
user=> (a "abc")
true
user=> (a "jk")
false

ここら辺の関数の扱いの気軽さはjavascript並みだ。 javascriptで書くと下記のようなものになるかと。

var a = function(w) { return (count(w)>2); }
a("abc);

最後に冒頭の例で、aにバインドされた無名関数を使ってみる。

user=> (filter a (str/split "A fine day" #"\W+"))
("fine" "day")