読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Programmer's Note

コード読み書きの備忘録。

Clojureを遊ぶ:括弧とか

Clojure

「プログラミングClojure」で出てきたforループのサンプル。

(defn indexed [coll]
  (map vector (iterate inc 0) coll))

(defn index-filter [pred coll]
  (when pred
    (for [[idx elt] (indexed coll) :when (pred elt)]
      idx)))

実行結果:

(index-filter #{\a} "dfajklfabce")
-> (2 7)

初学者の自分がこれを読み解くのに苦労した。

お遊びで、Rubyっぽく表記を変えてみる。

def indexed (coll)
  map(vector, iterate(inc, 0), coll)
end

def index-filter (pred, coll)
  when pred
    for (idx, elt) in indexed(coll) :when pred(elt)
      idx
    end
  end
end

こういうお遊びは楽しい。

括弧の()[]という表記は、範囲を表すためのものだが、 ネストすると脳内で解読が必要になってしまう。 元のコードだと[[idx elt] ...]あたりで目がちかちかするW。

処理によって表現に使う記号を変えるだけで、ずいぶんと読みやすくなる。

一方で、Paul Grahamがどっかの本で書いてあったのだが、 LISPer人たちは、括弧は無視してて、エディタの力を借りて、 インデントで構文を読んでいると。(最近はシンタックスハイライトもあるしね)

元のコードから、人間には解読可能な範囲で、括弧をなくすだけでも、ずいぶんと読みやすくなる。

defn index-filter [pred coll]
  when pred
    for [idx elt] (indexed coll) :when (pred elt)
      idx

こうするとPythonっぽいよな。