読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Programmer's Note

コード読み書きの備忘録。

Clojureメモ:forを使う(その2)

Clojure

まずは、2次元配列的なものを作ってみる。

user=> (def aa [[1 \a] [2 \b]])
#'user/aa

user=> aa
[[1 \a] [2 \b]]

これを、一個ずつ取り出してみる。

user=> (for [x aa] (println x))
[1 a]
[2 b]
(nil nil)

で、上記[1 a][2 b]の第1要素だけをとりたい。

C言語とかはこういうときは2重ループでやるしかないが、Clojureは非常にシンプルに記述できる。

user=> (for [[x y] aa] (println x))
1
2
(nil nil)

便利!

Clojureのdestructingの機能を使っていて、[[x y] aa]は、Rubyのタプルみたいなものでx, y = aaだ。

2重ループもスーパーシンプル。

user=> (for [i [1 2] j [3 4]] [i j])
([1 3] [1 4] [2 3] [2 4])

一行だと分かりにくいので、改行してインデントしてみる。

  (for [i [1 2]
        j [3 4]]
    [i j])

これRuby的に書くと

ret = []
for i in [1,2]
    for j in [3,4]
        ret.push([i,j])
    end
end
ret

Clojure (LISP)は簡潔すぎるほど、簡潔にかけるな。 定義されている関数の仕様の理解が肝で、油断すると意味不明なプログラムになりそう。