読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Programmer's Note

コード読み書きの備忘録。

PDP-11の磁気ディスク装置RK11の勉強メモ

PDP11

PDP-11の磁気ディスク装置RK11の勉強メモ。 構成物は3つで下記の通り:

  • ディスクコントローラ: RK11
  • ディスクドライブ: RK05
  • ディスクカードリッジ: RK03-KA

RK11ディスクコントローラには最大8台のドライブを接続できる。 また、RK11-DとRK11-Eと2種類ある。 前者は1word=16bit、後者は18bit単位でデータをアクセスする。

RK05ディスクドライブには交換可能なディスクカードリッジが1枚挿さる。ディスクのサイズは14インチ! ネットの写真を見ると大人が抱えて持つくらいな大きさ。

ディスクの論理的な構成は、現代のハードディスクとまったく一緒だ。 ディスク表面だけでなく裏面にもデータ記録に使う。1ディスク2面持っているということだ。

スペック:

  • 1ディスクカードリッジ/ディスクドライブ
  • 2面/ディスク
  • 203シリンダ/ディスク
  • 203トラック/面 (406トラック/ディスク)
  • 12セクタ/トラック
  • 256ワード/セクタ

RK11-Dの場合は1word=16bitなので、512バイト/セクタになる。

シリンダ、トラック、セクタの用語の意味は下記参照

ハードディスクの構造とパーティション by eslab

参考資料

以上。